英作文は、限られた知識で精一杯表現しよう!

シェアする

こんにちは、林です。

今日は、英作文の上達についてお話しします。

英文読解や文法問題は得意だが英作文は苦手、っていう人は結構多いんですよね。

与えられた問題を解くことはできても、自分からアウトプットすることはできない。

最近の大学受験生によく見られる傾向です。

でも、自分の考えを英語で表現するにあたり、英作文の能力は必要不可欠。

以下を読んで、上達のコツを理解しましょう!

語彙・文法も重要ですが

英作文では、ある程度の文法語彙の能力は当然要求されます。

それらに関して言えば、私の能力は平均的な東大生と変わらない、あるいはそれよりも劣る可能性すらあります。

大学受験に当たり、もちろん重要な文法は頭に入っていますが、細かい文法は勉強しませんでした。

また、英単語の知識も他の東大生と大して変わらないと思います。東大入試本番の英語の成績も冴えないものでした。

もちろん、文法や読解力、それに単語というのは重要なものです。

文法などについては、それらが備わっていないとごく限られた英語しか読めないことになるでしょう。

単語についても同様に欠かせません。

新聞を読んだりニュースを聞いたりするだけでも、政治や経済に関する単語を知っていなければなりませんし、将来論文を英語で書くとなると専門用語も知っていなければなりません。

東大を目指す以上、よほど英語を拒否した生き方をしない限り、高度な英語に触れなければならない機会は必ず存在し、その際に文法や語彙がどうしても必要になるのは事実です。

実際のところ東大受験向けの塾や参考書などでは、かなり高度な英語を扱っています。

文法についても結構マイナーなものまで登場しますし、単語の難易度も相当なものです。

たとえば鉄緑会から(名前は出しませんが)かなり分厚い単語帳が出版されており、鉄緑生はみなそれを持っているほか、東大受験生でそれを購入している人は多いです。

私もその単語帳を手にしたことがありますが、その内容の多さと難易度の高さに驚いた記憶があります。

ただ、英作文ではそうした能力よりもずっと重要なものがある、と私は考えます。

それは、「自分の知識の範囲内で精一杯表現する能力」です。

より簡単に言えば「平易な語で表現の幅を広げる」ということ。

表現の幅を広げる

英作文の表現の幅を広げるために、皆さんはどのような勉強をしているでしょうか。

新しい単語や熟語、それに文法をどんどん覚えている人が多いのではないでしょうか。

先ほど述べたようにそれらも当然重要なのですが、自分の知っている単語や文法の範囲でできる限り多くのことを表現する技術はそれよりもさらに重要なのです。

なぜこんなことを言うのかというと、その技術を鍛えておかないと、いざという時に咄嗟に自分の考えを表現できなくなってしまうからです。

模試でも問題集でも、英作文の問題の解説には「○○という表現をマスターしよう」とか、「こういうときは××という単語が適切である」といったふうに、新しい文法や語彙について解説してあることが非常に多いように感じます。

もちろんそうした新しい知識を開拓していくのは素晴らしいことですし、実際それで多彩な表現ができるようになるわけです。

しかし、たとえばだれかに英語で手紙やメールを送らなければならないとき、問題集と異なり「解答・解説」は用意されていないわけです。

もちろん英語メールのテンプレート集のような本・ウェブサイトも多数存在しますが、それで補完できるのはあくまで全体の枠組みのみであり、具体的な内容はすべて自分で書かなければなりません。

その際、誰かに教わるわけにもいかないので自分の知識の範囲内で書き切る必要があります。

和英辞典があるじゃないか、と思うかもしれません。

確かに和英辞典があれば自分の知らない難しい単語も調べることができますが、必ずしも手元に和英辞書があるわけではありません。

じゃあネットで翻訳すればいい、ということになりますが、ネットの翻訳サイトを用いた翻訳は全然アテにならないのは、実際に用いてみればわかるはずです。

将来翻訳の精度はどんどん上がっていくことでしょうが、現段階では人間の翻訳に遠く及ばないというのが現状です。

そういった事情があり、辞書などに頼らずに英作文をする技術は欠かせないものといえます。

ただこれは英作文に限った話ではなく、他にも英会話など「アウトプット」系の行為全てに共通することです。

では、自分の知識の範囲内で可能な限りたくさんの表現をするにはどうすればよいのでしょうか。

あえてもう一度、辞書を引く

一つの方法は、自分がすでに知っている単語について、敢えてもう一度辞書を引いてみる、ということです。

辞書は、自分の知らない単語があったときに使用する人がほとんどでしょう。

それはある意味当然なのかもしれませんが、少々勿体ないように感じます。というのも、自分がすでによく知っている(つもりの)単語でも、辞書で改めて調べてみることで新しい発見がある、というのはよくあることだからです。

英和辞書だったら、単語の意味が詳しく日本語で書かれているほか、そのあとにはその単語を用いた例文がいくつも記されていることでしょう。

単語の意味をよく見なおしてみることは重要です。

簡単な単語でも、ちゃんと意味を説明しようとすると困ってしまうことも多いです。

特に前置詞や接続詞は、大体の意味は理解していても細かいところは適当に済ませてしまっている人は多いのではないでしょうか。

たとえばinという前置詞は、「〜の中で」、「〜において」のような意味がメジャーでしょうし、そういう風に頭の中で理解している人が多いでしょうが、そのほかにも「〜以内に」のような意味もありますし、心的な状態を表すときや材料・手段を支持するときにも使えます。

このように、誰でも知っているような簡単な単語でも、改めて辞書で調べてみるとものすごくたくさんの意味が存在するのです。

そして、そういった様々な意味を理解しておけば、その単語だけで結構いろいろな表現が可能であるということに気づくはずです(これが重要)。

具体的な使用法が分からなければ、そのあとに乗っている例文を見てやればいいのです。

新しい(難しい)単語にどんどん手を付けるよりかはこの方法のほうがずっと効率が良いのです。

新しい意味を発見したら、それを用いた文を自分で作って、実際に書いてみることをお勧めします。

もし自分で作ることができなかったら、辞書に載っている例文を代わりに写すのです。

とにかく、ただ字面を追っているだけでは全然頭に入ってこないので、手を動かしてみることが大切。

そのほうが記憶に残りやすく、いざという時に「あ、そういえばああいう使い方があった!」という風に思い出しやすくなります。

咄嗟にいろいろな表現を想起できるか否かが、英作文(受験でもそうですし、受験以外のものも含みます)においては欠かせません。

時間をかけて和英辞典で調べながら取り組めば、大体の人はそれなりの文を書けるわけですから、自分一人の力で短時間で書けるか否かで、周囲と大きな差がつくことでしょう。

自分から発信するということ

読解は得意だけど英作文は苦手、みたいな人は少なくないと思います。

高校時代の同級生などを見ていてもそう思います。

英作文が苦手というのは、言ってみればアウトプットが得意ではないということです。

もちろん、読解などのインプットが得意だというのは独立して価値があることなのですが、英語はあくまで言語ですから、自分が他者のアイデアをくみ取るだけでは一方通行になってしまいます。

当然、私たちのほうから他者へ自分(たち)のアイデアを伝達する必要があります。

その伝達は、作文(=書く)かもしれませんし会話(=話す)かもしれません。

後に英会話の項でも説明しますが、自分から考えを発信する能力は今後非常に重要になります。

東大受験でも英作文は必ず出題されるわけですし、そうでなくとも将来絶対必要とされることです。

まとめ

英作文においては、難しい単語や文法を駆使して高級な文を作るのも無意味ではありません。

しかし、限られた知識の中で精一杯表現することの方がより重要です。

限られた知識で英作文をするというのは、初めのうちは窮屈で面白くないかもしれません。

しかし、自分の知識の範囲内での表現力が上達すればいろいろな文章を書くことができるようになり、次第に英作文が楽しくなってくるはずです。

私自身も、読解よりかは英作文のほうがずっと好きです。

皆さんも、これを機に英作文の勉強を方針転換してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

フォローお願いします!

スポンサーリンク