なぜ英会話が苦手か。どうすれば英会話が上達するか。

シェアする

こんにちは、林です!

今日は、英会話の上達方法についてお話しします。

大学入試で英会話が必要になることはほぼ皆無。

ですが、英語で会話する能力は大学以降必ず役立ちます。

英会話の上達のためには、何をすれば良いのでしょうか。

東大生の実態

私は英語が得意というわけではなく、ペーパーテストの点数で言ってしまえば並みの東大生かそれ以下だと思います。

ただ、東大生というと東大入試を突破してきただけあってそれなりの英語能力があって、実際私の周りには優れた読解能力・語彙力を有する人がたくさんいて、本当に尊敬しています。

自分が読めない/読みにくい文章をスラスラと読めるわけですから、やはりあこがれるものです。

ただ、東大に入ってひとつ(悪い意味で)衝撃的だったことがあります。

それは何かというと、東大生はものすごく英会話が苦手、ということです。

東大では、授業で英語を用いる機会が数多く存在します。

ディスカッションをすることもあれば、そのディスカッションの結果を口頭で発表するときもありますし、自分の意見や感想を述べることもあります。

また、英語でプレゼンをすることも少なくありません。そういったときに、驚くほど東大生は喋ろうとしないのです。

たとえば、先生に「これを読んで分かったことがある人いますか?」のように聞かれると、殆どの東大生は全く喋ろうとしません。

気まずそうに目を伏せたり、分からないふりをしたりと手段を尽くして、発言をできるだけ避けようとするのです。

そもそも授業中に寝ているという論外な人も結構いますが。多くの学生は、先生に指名されてようやく少し喋りだすのです。

その他、ディスカッションのときなども、どうしても話さなければならない時は仕方なく話すのですが、そうでないときは全く授業に参加しない人がいるのです。

東大に入ったとき、各分野で優れた能力を有する人とたくさん出会って感動・感心したのは確かですが、この英会話の力に関しては、大きく失望したことの一つです。

私自身は英文法などは苦手なのですが、会話することはあまり嫌いではなかったので、授業中などは積極的に発言するよう心がけています。

もちろん、全員会話が苦手、というわけではありません。

たとえば帰国子女や留学生の多くはたいへん英語が達者です。

英語圏に滞在していた人たちはもちろんのこと、中国や台湾などにいた人たちも上手ですね。

彼らは流暢であるのみならず、自ら進んで発言するという点でも尊敬できます。

また、帰国子女等でない(日本で生まれ、勉強してきた学生)の中にも、頑張って積極的に発言し、そうした帰国子女や留学生たちのレベルに食い込んでいこうとする優れた人がいます。

ただ、多くの学生は、残念ながら先ほど述べたように消極的であるというのが事実です。

学生の英会話力が足りない、というのは、おそらく東大に限った話ではないと思います。

私が中学生や高校生だったころもそのような傾向はありました。

なぜ英会話が苦手か

学生たちが英語で積極的に発言しない(できない)という現状は、何に由来するのでしょうか。

文法への偏り

一つ目の理由は、大学受験における英語が、文法や読解に偏っている点だと思います。

大学受験の英語では、多くの場合英会話は要求されません。

文法やリスニング、それに読解といったインプット系の問題に終始している場合が多いのではないでしょうか。

センター試験でも、そして東大入試の英語でも、英会話は出題されません。

つまり、大学受験自体は英会話ができなくても(点数上)全く困らないのです。

すると、高校生たちは当然ながら英会話の勉強よりもそれ以外の「入試で出題される」内容の勉強をするに決まっています。

私が高校生の頃も、単語や文法を必死に勉強している人はいましたが、英会話の練習をしている人は見かけませんでした。

一部推薦入試などではスピーキングの試験があるようですが、まだまだ全国的に浸透していないというのが現状です。

もっとも、スピーキングの試験の得点評価や運営が難しいのは事実です。

スピーキングの試験をするとなれば、「流暢さ」「態度」「論理的に話せているか」などの各項目を設けて、それを点数で評価しなければなりませんが、その評価はかなり難しいのです。

難しいというのは、第一に数値化(得点化)すること自体が大変ですし、第二に採点者によって評価基準が変わってしまうことも大きな問題です。

採点者によって評価の厳しさが異なってしまうのは受験において許されないことです。

受験生はもちろん「平等に」採点してもらうことを要求しているわけですが、こうした理由によりスピーキングの試験の評価は難しいのです。

評価のみならず運営も大変です。普通のペーパーテストだと、受験生を席に座らせて問題を配ってそれを解かせるだけでよいのですが、スピーキングとなるとそうはいきません。

試験は基本的に受験生一人ずつ行わなければならないので、ペーパーテストのように一度に大量の人数を受験させるのは困難です。

大学は高校までとは異なり受験生の数自体もかなり多いので、全員に大して試験を受けさせるだけでも一苦労です。

また、英会話の力を画一的に数値化してやらなければならないので、受験生が話していることを採点者は集中して聞かなければなりません。

話し言葉ですから、一回聞き逃してしまったらもうそれでおしまいですからね。

聞く側にもそれなりの技術が要求されます。

その他にも、試験問題の漏えいを防がなければならないので、テストが終わったらすぐに帰っていいよ、というわけにはいきません。

このように、大学受験においてスピーキングのテストを行うのは非常に大変で、実際そうした評価や運営(どちらかというと運営面のほうが大きいでしょうが)上の理由で殆ど実施されていません。

実施するにしても、人数がさほど多くない推薦入試などにとどまっているのが実情です。

一つ目の理由をまとめると、東大入試を含む大学入試でスピーキングの試験を行うのは評価・運営両面で大変であり、今のところ大規模には導入できずにいる。

そのため大学入試において(点数的な意味で)スピーキングは「どうでもよく」なっているのです。

受験生からしてみれば、入試でスピーキングは出題されないのだから勉強の必要はない、という理屈はある意味自然なものです。

出題されないことを勉強するよりかは、出題されることを勉強したくなるのは当然のことですよね。

経験不足

第二の理由としては、高校までの授業におけるスピーキング経験の不足があげられるでしょう。

高校までにも英語の授業は当然あるわけですが、残念ながら生徒が発言する機会、あるいは生徒がなにか発表する機会というのは少ないのが現状なのではないでしょうか。

これにはいくつか原因があります。

ポイントの明確さ

一つ目の原因は、文法や読解能力のほうが、教えるべきポイントが明確である、ということです。

文法や読解では、たとえば「to不定詞」や「現在完了形」というふうに、学習項目を言葉で表現するのが容易です。

一方で英会話では「論理的に話す力」だとか「発音」という風に、抽象的なポイントしか上げることができません。

これの何が問題なのかというと、学習項目が抽象的だと、英語の先生方は何をどのように教えればいいのか分からなくなってしまうのです。

いま挙げた現在完了形の例だったら、haveと過去分詞で現在完了形が作れます、だとか、完了形にはこういう意味があります、だとかいう風に生徒に教えてあげることができますが、会話となるとそうはいきません。

先生が一方的にあれこれ話しているだけでは会話能力は上達しませんし、そもそも何を教えたらいいのか、という難しい問題があります。

会話練習に時間を割けない

二つ目の原因は、会話能力の養成に注げる時間がそう多くない、ということです。日本ではいまのところ小学生以下では英語の授業は設けられておらず、中学校に入って初めて英語の授業が行われています。

小学校でも英語の教育を行っているところは増えつつありますが、まだ浸透しきっているわけではありません。

大学入試までだと、中学と高校で計六年間しか英語の授業は組まれないのです。それまでに文法や単語、読解能力やリスニング能力を鍛えなければならず、時間的にそう余裕はありません。

先生方にとっては、「スピーキングをやる暇があったら、もっと文法や読解、受験指導をしたい」という考えをお持ちの方が多いのではないでしょうか。

もちろん、スピーキングの大切さが理解できていないわけではないでしょうが、どうしても後回しにされてしまうのです。

第二の理由をまとめると、スピーキングは学習項目が抽象的になってしまい授業を行いにくく、また時間的にも内容的にも余裕が無いので後回しにされてしまうので、高校までの授業では十分なスピーキングの機会が設けられない、ということになります。

発言しにくい雰囲気

第三の理由は、生徒(学生)が発言しにくい雰囲気が形成されている、ということです。

より明確に言うならば、「発言すること=目立つこと=居心地が悪くなること」という風に認識されてしまっている、ということです。

積極的に発言するのが良いことだ、ということくらいは誰でも理屈ではわかっているはずです。

それなのに実際はなかなか発言しないということは、その理屈を上回る圧迫感が存在するはずで、それがこの「発言しにくい雰囲気」なのです。

ガチ勢」という言葉があります。

この単語の意味を説明するのは非常に難しいのですが、簡単に言うと「人一倍の意気込みで臨んでいる人を、多少の揶揄を含めて呼ぶときの言葉」といった感じでしょうか。

このガチ勢という単語は、発言のしにくさと深く関係しているのではないかと私は思います。

すなわち、授業中に積極的に発言してしまうと、その人は周囲から意識が高い人、つまりガチ勢だと思われてしまうのです。

するとその人はクラスの中で他の生徒から距離を置かれてしまい、非常に居心地が悪くなってしまう、というわけです。

他の生徒より目立ってしまい居心地が悪くなるのはその生徒にとって致命傷です。

そのため、「良い生徒」になることよりも他の生徒と同じ立場に立って仲間を得ることが重要視され、結果として誰も発言しなくなってしまうのです。

私自身も、英語の授業中に積極的に発言したら、ガチ勢だと揶揄されたことがあります。

当然ですが、いい気分はしません。

じゃあお前は本気で授業に臨んでいないのか、と言い返してやりたい気分になります。

本当に言い返してしまったらそういう心無い学生たちと同レベルになってしまうので、文句は心の中にしまい込んでおきましたが。

このガチ勢という単語は、現代の日本の生徒(学生)界隈を支配する重要な単語であるように感じます。

こういう概念があるがために、生徒は積極的に勉強に取り組んだり、能力をアピールしたりすることができなくなっているのです。

「ガチ勢」は、「出る杭は打たれる」という日本特有の悪しき考えがよく反映された、象徴的な単語といえるでしょう。

第三の理由をまとめると、積極的に発言すると「ガチ勢」扱いされて居心地が悪くなってしまうため、みんな発言しなくなってしまう、ということになります。

上達のためには

こういった理由から、現代の生徒(学生)は、英会話の授業中に発言することを本当に嫌います。

東大生は授業中もどんどん立派な発言をするんだろうなあ、というある種の神話を抱いている方がもしいらっしゃったら、残念ながらそれは誤りです。

実際の東大生はそんなに積極的ではなく、発言を全くしない、居ないも同然の学生だって山ほどいます。

英会話のみならず、どの授業でもそういう傾向は少なからず見受けられます。

ただ、その潮流に身を任せていては、みなさんもそういったどうしようもない学生の仲間入りをしてしまいます。

やる気のない、みんな一緒に固まっていることに安心感を覚えてしまうような学生。

皆さんにはそうなって欲しくありません。

英会話上達のためには、何を心がければよいのでしょうか。

ポイント1 積極的に発言する

英会話に限らず多少居心地が悪くとも、積極的に発言してみてください。

スピーキング能力を鍛える最短の方法は、とにかく話してみる事です。

後ろ指をさす人がいるかもしれませんが、そんなことは気にする必要はありません。

少なくとも先生は理解してくださいますし、友達の中にも理解者はきっといると思います。

発言をすることが苦手な学生が多い今の時代、周囲より高いスピーキング能力を獲得すれば、日本ではものすごく大きな武器になることでしょう。

※注:あくまで日本では、という話。中国や韓国、台湾といったアジアの国々では、日本よりもずっと英語教育が発達しています。

様々な理由により生徒が発言しにくい環境が形成されてしまっているが、それに関係なくドンドン発言していこう、ということ。

これが第一に心がけるべきことといえるでしょう。

ポイント2 内容を深く考えるな!

第二に心がけるべきなのは、話す内容を考えるのにあまり長い時間を割いてはいけない、ということです。

勉強すればするほど、論理的に、そして文法的に欠陥のない「正しい」英語を話したくなるものです。

すると文章を頭の中で練るのみならず、その校正まで行わなければならなくなります。

それの何が問題かというと、言葉を発するまでに時間を要してしまうのです。

普段我々は、母語で会話をするときにほとんど間をあけずに話します。

もし相手が暫くの間黙ってしまったら、普通はじれったく感じてしまうものですよね。

それと同じで、文章を考えるのに長い時間をかけてしまうと、話し相手は話す気力を失ってしまいますし、場合によっては見下されることすらあるでしょう。

見下されるだけならまだしも、人生において貴重な機会をいくつも失う原因にもなります。

普段我々が話す日本語を考えてみると、論理的に正しいかなど殆ど考えずに、割と適当に話していることが分かります。

文法も正直めちゃくちゃです。仮に完璧でない英語をしゃべったとしても、相手はほとんどの場合、文脈などから意図をくみ取ってくれるはずです。

少なくともネイティヴは「話す達人」であるだけでなく「聞く達人」でもあるわけですから、多少間違いがあっても余裕で通じます。

特に文法に関しては、細かいことを気にする必要は全くありません。

たとえば三人称単数現在のsだとか複数形のsなどは仮に間違っていたとしてもまず理解してもらえます。

東大の非ネイティヴの英語講師が話す英語を聞いていると、大変流暢でかつ理解しやすいのですが、よく聞いてみると複数形のsの扱いが結構雑であることがよくあります。

ネイティヴの先生であっても、細かな文法事項はよく誤るものです。

もちろん文法も正確であるに越したことは無いのですが、文法のことばかり考えてしまって言葉が口から出るのが遅くなってしまっては、相手も聞く気が無くなってしまい、せっかく考えた内容があまり相手に伝わらなくなってしまいます。

まとめると、第二に心がけるべきことは、論理的にあるいは文法的な正しさよりも、すぐに話せることのほうを重視したほうが良い、ということです。

ただ、日本で行われているスピーキングの試験(英検の二次試験などを想定してください)では、評価基準を見てみるとまだ論理的な正しさや文法が重視されている傾向にあるようです。

論理性を重視するのは悪いことではないと思うのですが、文法にこだわってしまうのは好ましくないと私は思います。

素早く話せることのほうがよほど重要です。

すぐに話せて、かつ文法も留意できるのはそれこそネイティヴくらいであり、我々がすべて完璧にこなすのは困難です。優先順位をつけて、やるべきことから取り組みましょう。

ポイント3 自信をもって

第三のポイントは、自信ありげに話す、ということです

母語でない言語を話すのは勇気が要ります。

ちゃんと相手に伝わるかな、という不安が常に付きまとうからです。私だって、自分が話していることにいつも自信を持っているわけではありません。

「こんな英語で伝わるかな、まあでも他に思いつかないしこのまましゃべっちゃえ」という程度のノリで話してしまうことは山ほどあります。

ただ、その際自信なさそうにぼそぼそ話してしまうと、結果として自分の話を周囲が真剣に聞いてくれなくなります。

「この人は自信がなさそうに喋っているから、内容もその程度なんだろうな」と思われてしまうのです。

せっかく発言するのですから、ただ話せば終わり、ではなく、ちゃんと相手に自分の考えを理解してもらったほうがいいに決まっています。

その際大切になるのが、自信ありげに話す、ということです。

自信ありげに話すよう心がけるだけで、相手に自分の話が良く伝わるようになるはずです。

自信ありげに話すというのは、たとえば大きな声で、相手のほうを見て話すということです。

声の大きさは当然ながら重要で、声が小さくて聞き取りにくいと、相手はだんだん聞くのに疲れてきて、面倒だしどうでもいいや、と思われてしまいます。

うるさすぎるのも考え物ですが、自分が思っているよりも少し大きめの声で話すといいと思います。

声が大きければ、相手の頭にも入りやすく、理解されやすくなるのです。少なくとも、細かい文法の修正をするよりかはよほど効果があります。

また、目線も欠かすことができません。

目をそらしながらしゃべると、相手も「この人、誰に向かって話しているんだ?」となってしまい、これもやはり聞く気を削ぐ原因となります。

あまり気持ち悪くない程度に相手の方を見て、真剣に話すことで、相手も「あ、この人いま真剣に話しているな、ちゃんと聞かなきゃ」と思ってくれるはずです。

「自信ありげに話す」なんてバカバカしい、啓蒙書じゃないんだから、と思われるかもしれませんが、こういう対人的な技術を蔑ろにしていると、ペーパーテストしかできない人間になってしまいます。

大学受験ではさほど影響がないかもしれませんが、大学に入ってから絶対にうまくいかなくなります。

実際に会話するのが一番!

以上三つ、英会話の際のポイントでした。

最後に、具体的な学習方法の説明をします。

英会話の最も良い勉強法は、やはりどんどん話してみることです。

ネイティヴの先生でも構いませんし、日本人の先生でも構いません。ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、友達と話してみてもいいと思いますよ。

とにかく、恥ずかしいとか面倒くさいとかそういう理由で会話を拒絶してほしくないのです。

機会があったらどんどん喋ってみましょう。

次第に、英語を口に出すことに対する抵抗が無くなってくるはずです。

英語のペーパーテストの成績が他人より悪くても、自信をもって話せば必ず伝わります。

家にいるときなど、相手がいない場合は「音読」という次善手があります。

相手がいないので当然会話にはなりませんが、英語をとにかく喋ってみるという点では共通していますから、ある程度の効果は期待されるでしょう。

どんな方法であれ、とにかく喋ってみること。

それが英会話上達のコツです。

まとめ

英会話上達のための方法についてお話ししました。

今の中高生、そして大学生は英会話が本当に苦手です。

文法や読解は得意なのですが、アウトプットの場面になると困っちゃうんですね。

でも、英会話能力は現代において欠かせません。

英会話の上達のためには、とにかく積極的に喋ってみるのが一番。

他の生徒より目立ってしまうかもしれませんが、そんなことは気にしなくてOK。

むしろ自分の存在をアピールしてやる、くらいの気持ちで臨みましょう!

英会話上達は、実践あるのみ。

皆さんも、頑張ってください!

スポンサーリンク

シェアする

フォローお願いします!

スポンサーリンク