受験生必見!誘惑に負けずに勉強する方法とは?

シェアする

こんにちは、Shunです。

さて、今日は「身の回りの誘惑」についてお話ししたいと思います。

勉強をするときに、ゲームをしたりスマホをいじりたくなりますよね。

そういうのに打ち勝つにはどうすれな良いのでしょうか。

主に、塾に通っておらず家で勉強している人が対象です!

身の回りの誘惑

自ら好き好んで受験勉強をする人なんていうのはそうそういません。

ほとんどの人が、志望校合格のために我慢して勉強しているはずで、なにもこれは東大に限った話ではありません。

繰り返し述べているように、本書は塾に行かないで東大合格を目指す人の力添えをするのが目標の一つですから、対象者は塾に通わない人ということになります。

塾に通っていれば、半強制的に勉強することになるので、自分を律する必要はあまりありません。

しかし塾に通わないとなると話は別ですよね。

身の回りにはいろいろな誘惑があります。

友達に遊びに誘われることもあるでしょう。

本棚には漫画があって、机にはパソコンがあって、スマホも持っているし……。

とくに勉強に集中しきれていないときは、そうした誘惑に負けやすいわけです。

勉強するはずが、気づいたらスマホをいじっていた、なんていうのは誰もが経験しているのではないでしょうか。

ついさっき述べたように、これは特に塾に通わない人が抱える問題です。

娯楽を規制してくれる人が周囲にいないというのは、思いのほか厳しい環境なんですね。

裏を返せば、娯楽に負けないで済むというのは塾のメリットの一つといえます。

やっぱり塾のほうがいいじゃないか、と皆さんんの考えも変わりつつあるかもしれません。

でも、大学以降は塾なんてありません。

しかも、年齢が上がるにつれ娯楽の幅はどんどん広がっていきますから、高校までとは比べ物にはならないくらい誘惑が存在します。

もちろん、サークル活動・部活動やその他課外活動、息抜きは大切なのですが、そういうことばかりしていると当然ながら学業に影響してきます。

実際、高校までは問題なかったのに大学に入ったとたんに勉強しなくなる友達も数多くいます。

特にサークルやアルバイトに時間を取られすぎて、自分の学業を制御できていない人は多いのです。

大学はあくまで就職までの過程であって、とりあえず卒業できればいいという考えの人も存在しますし、それも一つの生き方として尊重されなければなりません。

しかしながら、大学で学ぶ学問は自分にとって無益なものなのかというと決してそんなことはありませんし、せっかく勉強しなければならないなら自分のものとしてしっかり身につけないと勿体ないですよね。

そういうポジティブな姿勢でいたいものです。

このように、大学以降は「自分を律する」というのが大きなカギになります。

中学校までは義務教育であるため、ボーっとしていても卒業できます。

高校は義務教育ではありませんが、よほど手を抜かない限り大体の場合卒業できるものです。

ところが大学以降だと、自分で努力しないと遠慮なく単位を落とされてしまいますし、周りに追い抜かれてしまいます。

皆さんが大学に入ると、単位を落としたり留年したりする人が身近に意外と多いことに驚くことでしょう。

もちろん、留学等の事情で自主留年する人もいるのですが、単に試験の出来が悪くて留年する人も多いのです。

大学生にもなると皆学ぶことが多種多様になるので、みんなで足並みをそろえて勉強させてくれる環境というものに期待しているとヒドい目に遭います。

東大だったら尚更、自分で積極的にあれこれ努力していく必要があります(もちろん、勉強に限った話ではありません)。

そうでないと、どんどん置いていかれてしまうのです。

では、自分を律する力を鍛えるにはどうすればいいのでしょうか。

なんだか急に意識の高い話題になっちゃったなあ、と思っている方も多いと思いますが、ご安心ください。

皆さんが実行可能な範囲内の、具体的なアドバイスを述べていくつもりです。

そんなに簡単な話じゃない

いきなり絶望的な見出しですが、誘惑に負けないようになるのは簡単なことではありません。

少なくとも、数週間や数か月で可能になることはないと考えてください。

半年とか一年とか、そういうスケールで考えなければなりません。

大変かもしれませんが、得るものもものすごく大きいので、頑張っていきましょう。

欲望を断つ、と聞いて仏道修行的なものを想像した方もいると思いますが、安心してください、そんなことはしません。

啓蒙的・抽象的な内容をお話ししてもあまり意味がないため、ここでは実行可能かつ具体的なアドバイスのみお伝えします。

実際に取り組むべきことはそんなに難しくはありません。普段の勉強スタイルから少し変えるだけで十分効果があります。

最初は、周りの人に協力してもらう

欲望を規制してくれる存在(塾に代わるもの)がいない環境下で粛々と勉強できるようになるには、最初のうちは周囲の人に協力をお願いするのも大事です。

たとえば、自分の部屋のドアを開けて、家族の中の誰もがのぞけるような状態で勉強するという手段があります。

自分の部屋が無い場合は、リビングなどで勉強するのもOKです。これのどこに意味があるのかというと、常に誰かに見られているような気がするので、「勉強しなきゃ!」という気分になります。

バカバカしい、と思うかもしれませんが、これが結構効果的なんです。

親に見られたらどうしよう、と考えると、スマホをいじるのが憚られますよね。ゲームもやりにくい。

常に誰かに見られうる場所にいることで、自然と勉強するようになる。

これは(間接的にですが)周囲の人に協力してもらった方法といえるでしょう。

別の方法として、いっそのこと勉強時間中はスマホなどを親に預けておく、という手段もあります。

そうすれば強制的に勉強するようになります。子供じゃないんだから、そんな方法恥ずかしい、なんて思う人がいるかもしれません。

でも、結局ついスマホをいじっちゃうということは、自分はその子供と同等、ということなのです。もしみなさんの友達がこの方法を馬鹿にして来たら、「じゃあお前は一切スマホをいじらないで勉強できるのか?」と言い返してやればいい。

大体の人はできないですから。

自分の成長のためにすることですから、何も恥ずかしがる必要はありません。

堂々と実行すべきです。

初めのうちは、娯楽が制限された状態で勉強するのは落ち着かないかもしれません。

軽い禁断症状です。

タバコやクスリでもないのになんで禁断症状が、と思うかもしれませんが、それだけ我々はパソコンやスマホに依存してしまっているということです。自分の依存度合いを身を以て感じることができると思います。

今の世の中、依存を全くやめるということは不可能だと思います。

ですが、こうした努力をしていくうちに、スマホやパソコンが手元になくとも落ち着いて勉強できるようになってくると思います。

それは一段階成長したことの証といえるでしょう。

こんどは、自分一人でできるように

いつまでも家族に頼っていたらそれは本当に恥ずかしいので、いつかは自分一人で静かに勉強できるようにならなければいけません。

先ほど述べたように、娯楽が規制された状況でも落ち着いて勉強できるようになったら、今度は自分一人で同じことができるようにするのです。

すなわち、スマホやパソコン、漫画などが近くにあっても、気が散ることなく勉強できるようにする必要があります。

でないと、独りきりのときにいつまでたっても勉強できるようになりませんからね。

まずは、スマホなどを手の届かない程度のところに置いておくのがコツです。椅子に座っていると届かないような、やや遠いところに置いておく。

手の届かないところ、というのがポイントです。

手元に置いておくと、簡単に手に取れてしまうので、ついついいじってしまうんですよね、無意識のうちに。

ちょっと遠いところに置いておくと、取るのが面倒なので、その分いじる可能性が低くなるわけです。

くだらないことのように感じられるかもしれませんが、我々の行動は案外この程度のことで大きく変わるのです。

スマホをいじろうかな、それとも勉強しようかな、と迷っているときに、我々がどっちを選択するか。それは、スマホが近くにあるか否かという、一見くだらないことに支配されているのではないかと、私は思うのです。

とすると、逆に些細な工夫で我々の行動は変えることができるのではないか、そう考えた結果がこの方法なのです。

馬鹿にしないで実践してみてください。スマホをいじる機会が格段に減るはずです。スマホ以外でも同様です。

実際私も、これを実践することで勉強への集中のしやすさが格段に改善しました。

それもできるようになったら、今度は手の届くところにスマホを置いたうえで集中して勉強する練習をしましょう。

すぐそこにあるとつい遊びたくなってしまいますが、そこはグッと我慢。ここで妥協してしまうと、今までの努力が意味をなしません。

今は勉強するのが優先だ、遊ぶのはいつでもできる、と自分に必死に語り掛けて、勉強するのです。

このようにして、誘惑を断つためには、娯楽が無い状態にゆっくりと体を慣らしていくのが最適です。

これにはそれなりの時間がかかるので、焦らずに、ゆっくりとやりましょう。

最終的には、「以前はなんであんなにスマホばっかりいじっていたんだろう」とか、「なんで漫画ばっかり読んでいたんだろう」とかいう感じになります。

娯楽は、無いなら無いで案外大丈夫なものです。

一度手にしてしまうと泥沼にはまりやすいだけなんですね。

たとえば、疲れて家に帰宅して、夕食やお風呂を済ませたとして、頭の中には

  • スマホで遊ぶ
  • パソコン
  • 漫画
  • 寝る
  • (勉強)

という選択肢があったとします。

だいたいイマドキの高校生の脳内選択肢はこんな感じだと思います。

勉強もいちおうあるにはあるけれど、括弧の中という程度。

実際私もこんな感じでした。

こういう状況で、ちゃんと「勉強」という選択肢を選べるか否かは、個々人の心の強さに懸かっています。

もちろん、つねに「勉強」が正しいわけではありません。

息抜きも大事ですし、だれだって時には遊びたいし、疲れていたら寝たいものですから。あくまで、勉強すべき状況(受験直前など)の話です。

その時々に応じて、欲望に負けずに正しい選択肢を選ぶ力。

いままでに述べてきたような訓練は、この力を養うものといえるでしょう。

また、気晴らしに遊んでいて、いざ勉強に戻る際にもこの力が必要です。

この力が無いと、いつまでもぐだぐだと遊んでしまい、時間を浪費してしまいます。

勉強に戻るときに、グダグダではなくサッと戻れること、すなわち切り替えの早さが、東大に限らず受験では大変重要になってきます。

ここまで読んで、私のことをひたすら勉強ばかりしている人だと思った方がいるかもしれませんが、そんなことはありません。

私はどちらかというと勉強が嫌いなほうですし、遊んでいたりボーっとしたりしている時間も結構長いです。

受験前も、一日二、三時間くらいしか勉強していませんでした。

それでも十分な学習成果が得られたのは、いま述べたようにオンとオフの切り替えを素早く行う能力があったからだと考えています。

切り替えの早さは勉強の効率に直結するので重要です。

十分に切り替えができず、「ちぇっ、もうちょっと遊びたかったのに……」という気持ちのまま勉強しても、集中できるはずがありませんよね。

自分を律する力、なんていうと意識が高そうで大げさですが、要は誘惑に負けないでその時々の最適な選択肢を選ぶ力や、素早く切り替える力のことを言っているのです。

「明日がある」……本当に?

明日がある」という曲があります。

受験生のみなさんは、知っているか否か、ぎりぎりの年代だと思います。

お母様やお父様はご存知のはずです。

知らなければ聞いてみてください。

近頃は著作権に関してかなりうるさいので、ここに堂々と歌詞を書くことは許されませんが、明日があるのだから前向きに生きよう、みたいな曲。

雑でごめんなさい。

私はこの曲が嫌いなわけではありません。むしろ割と好きです。

なにを言いたいのかというと、勉強に関しては「明日がある」という考えは禁忌であるということです。

特に長期休暇中とかだと、宿題やその他勉強を後回しにしがちです。そういった時に私たちは「明日がある」とか、「明日やればいい」とか思いがち。

あるいは、「今日は○○という理由で疲れが溜まっていたからしょうがない」のように、適当な理由をつけて言い逃れ(正当化)しようとするわけです。

しかし、この「明日がある」という思想の大きな欠陥は、「今日できなかったのに明日できるようになる理由は?」と聞かれると困ってしまうところ。

だって今日は疲れているんだもん、と言い訳をしようとしたそこのあなた、要注意です。今日できなかったことは、そう簡単に明日できるようにはならない。

これは肝に銘じておいてほしいところです。

明日がある、という思想を受験生が抱いていると、本当にロクなことがありません。

今日誘惑に負けて遊んでばかりいたのに、「明日は大丈夫だ、絶対にやる!」なんて言われても、そんなの信憑性が無いですよね?

あなたが親だったとして、子供がこのように言って来たら、あなたは「じゃあなんで今日できなかったの?」と言いたくなりますよね。

明日じゃなくて、今やる

注意してほしいのは、どんな時でも勉強を優先しろといっているのではないということです。

何度も申し上げますが、サークルや部活の大会前日だったら早く寝たほうがいいし、体調が悪いときは起きて勉強している場合ではありません。

ただ、しょうもない理由で勉強を後回しにしてしまうと、だんだん泥沼に嵌ってしまうということを言っているのです。

一度楽な方に流れちゃうと、軌道修正をするのって結構大変なんです。手を抜いたり楽をしたりする癖はなかなか抜けません。

ある種の中毒のようなもので、リハビリには時間がかかります。

ですから、長期休暇等の時間を怠惰に過ごさないようにするためには、一度も妥協しないということが重要になってきます。

一日の勉強量を定めたら、ちょっと用事があったり疲れたりしている日でもちゃんとそれをこなして、後回しにしない。これが重要です。

「まあいいか」と一度でも思ってしまうと、今お話したように悪いループにはまってしまいます。

まとめ:時間は大切に

小学生から中学生、高校生と進むにつれ、次第に体感的な時間の流れが早くなっているのではないでしょうか。

私もそうでした。

受験期が近づくとより早くなります。

そして、これは私の経験から申し上げますが、大学に入ると高校生のころとは比べ物にならないくらい早くなります。

びっくりするくらいに。

もう一年生終わっちゃったの?みたいな。

そんなわけで、一日一日を大切にしていかないと、長いと思ていた時間があっというまに過ぎていってしまい、手元にはなにも残らなくなってしまいます。

皆さんは今までに、「なんであのときちゃんと練習しなかったんだろう」とか、「なんであのとき勉強しないで昼寝していたんだろう」という後悔をしたことが必ずあるはずですが、今後そういう後悔をしかねない機会が飛躍的に増えます。

全く後悔しないのは不可能ですが、後悔する回数を少しでも減らすためにも、いま目の前を流れている時間を大事にしましょう。

我慢すれば、その分良い未来が待っています!

以上、Shunがお伝えしました〜

スポンサーリンク

シェアする

フォローお願いします!

スポンサーリンク