長文読解とリスニングで心がけたいこと

シェアする

こんにちは、林です。

英語は、誰にとっても重要な科目ですよね。

今日は長文読解とリスニングのコツを軽くお話ししようと思います。

長文読解

大学入試の英語で読解の問題が出ないことはほとんどないと思います。

センター試験や東大二次も当然例外ではなく、長文読解が必ず出題されます。

そして、入試問題に限らず、長文を読解する力というのは当然ながら非常に重要です。

いまの時代、特に大学生にもなると英語で書かれた文書を読む機会がたくさんあります。

ほかにも英字新聞を読むときや、学術研究で他人の論文を読むときなどにも読解力は必要。

「あったほうがいい」というレベルのものではありません。

したがって、大学入試を契機に読解力を養成することには大きな意味があるでしょう。

そもそも読解とは何を「読み解く」ことなのかを考えてみましょう。

物語などの場合、月並みですが登場人物を知らなくてはなりません。

そして、物語の中でどのような出来事があって、その結果登場人物はどういう気持ちになったのかを読み取るわけです。

論説であれば、まずテーマを把握し、筆者が掲げる主張やその理由を正しく把握する必要があります。

また、何が具体例で何が根拠なのか、などの判別もしなければなりません。

これらを念頭に置いて、この先読み進めていってください。

国語の読解と英語の読解

考えてみてほしいのは、国語の読解と英語の読解の違い・共通点です。

もちろん、私たち(のほとんど)は母語が日本語なわけですから、日本語の読解能力は英語の読解能力よりも優れていることでしょう。

もちろん、母語であるか否かの違いは無視できるものではなく、そういう意味では両者は別物なのかもしれません。

しかし、英語についても言語が変わっただけで、「読解」であることには変わりありません。

何を言いたいのかというと、国語の読解で注意すべきことや試みるべきことは、英語の読解にも応用可能だということです。

現代文の読解のところで、文章の大事なところに線を引くという話をしました。

これは別にこの本独自の勉強法というわけではなく、きっと多くの人が実行していることでしょう。

この線を引くという作業は、当然英文読解においても実行可能です。

物語でいえば重大な出来事や登場人物の気持ち、論説でいえばテーマや主張など、その文章の要点として欠かせない箇所に線を引いておけば内容の整理がしやすくなりますし、問題も解きやすくなることでしょう。

線を引くほかにも、たとえば接続語(日本語でいう「しかし」、「たとえば」など)をマルで囲むという手段もあります。

これは高校生よりも小学生や中学生がよくやる作業だと思います。

しかし、だからといって幼い手法なのかというと、そんなことはありません。

長文を読む中で、何がテーマで何が具体例で何が結論なのか、といったことを整理するのは重要ですから、接続語を目立たせるのは大きな効果があります。

英語でも、butとかfor exampleとかがあったら、それをマルで囲む習慣をつけてみるのもいいと思います。

英文読解に関しては、線を引いたりマルで囲んだりして読み終わった後に、要旨・要約を日本語で書いてみるのも有効でしょう。

本当のことをいうと英語は英語として理解すべきものであり、日本語に落としこむのはベストな方法ではありません。

しかし、英語の脳みそで考えることに不慣れな人にとってそれは実行しがたいものです。

したがって、慣れないうちは日本語で要旨を書き出すのは仕方のないことだと思います。

自分にとって理解しやすい日本語でまとめたほうが、内容の把握も速やかに行えるはずです。

国語の読解のところでも話しましたが、常日頃から英文に触れておかないと、どうしても「英語ボケ」してしまいます。

長い空白を経て久しぶりに英文を読んでみると、どうもすらすら進めない、という経験はだれしもあると思います。

ただ、当然ですが毎日問題演習をやる必要はありません。

短い文章でもいいですし、すでに扱ったものでも構いません。

とにかく、何かしらの英語を読んでみるのです。

また、時間についても長くとる必要はありません。一日五分くらい、ちょっと隙間の時間を見つけて英語に触れてみるだけでかなり違いが出ます。

リスニング

先ほど、英語を英語として理解するのがベストだ、という話をしました。

簡単に言うと、いちいち日本語を介して英語を操らない、ということです。

リスニングにおいても、それは全く同じです。

ではそのような「英語の脳みそ」を得るためにはどうすればよいのでしょうか。

まず大事なのは、たくさんの英語を聞くということです。

教科書の中の英語だけで満足していると、英語は「受験勉強の一科目」という程度の存在で終わってしまい、それ以上進展しません。

英語はあくまで言語であるわけですから、実際に英語に触れないと、英語を一つの言語として、それ自身のなかで使うことはできません。

誰の英語を聞けばいいのかというと、まずはやはりネイティヴだと思います。

英語を母語とする人物が話す英語は、当然ながら一番上手でしょうし、正しくて美しい発音を聞くのは英語のいろいろな能力を伸ばします。

近年は日本の英語教育もだんだん力が入ってきており、ネイティヴの先生もたくさんいらっしゃることでしょう。

そういった先生方の話す英語を集中して聞く習慣をつけましょう。

身近にネイティヴの先生がいらっしゃらない場合は、音声教材を入手してそれを聞いてみましょう。

前にも述べましたが、英語のニュースサイトの中には、音声教材が充実しているものがたくさん存在しますし、その他インターネットを通じてたくさんの材料が手に入ります。

ぜひネイティヴの方の英語をたくさん聞いてください。

ただ、最近はアジア諸国の英語学習者・教育者も非常に英語が上手だという印象があります。

たとえば中国や台湾は英語教育が非常に熱心で、学生であっても日本の英語の先生方顔負けの英語能力を備えている人がたくさんいます。

私は、東大で英語が達者なアジア系の学生や教授とたくさん出会って、非常に感銘を受けました。

我が国の英語教育もいい方向に向かっているとは思いますが、いま挙げたような国々には追いついていないという印象です。

ネイティヴ以外にも英語が上手な人はたくさんいますから、そういった人たちと積極的に交流してみると良いでしょう。

英語を聞くだけではない

リスニングの勉強は、なにも英語を聞くだけではありません。

自分から英語を話してみるのも価値ある方法だと思います。

やりかたは自由ですが、たとえばリスニング音声を聞いてシャドーイングしてみるという手段があります。

シャドーイングとは、音声を聞きながら、それと同じことをしゃべるというものです。

シャドーイングの利点は、自分が聞き取れたことと自分が聞き取れなかったことが明確に区別できるという点です。

ちゃんと聞き取れた部分は自分でも続けて言うことができますし、逆に聞き取れなかったことは言えるわけがありません。

ただ音声を聞いているだけだと、自分がその語やフレーズを聞き取れたのか曖昧な場合が多いのですが、この方法でそれをはっきりさせることができ、自分のリスニング能力を正しく評価できます。

そのほかにも、書店に行けば様々なリスニング教材があると思います。

種類や難易度が充実しているので、そういった教材の中で自分に合うものを買ってやってみるのも良いでしょう。

もちろん、志望大学のリスニングの過去問をやってみるのもアリです。

まとめ

長文読解とリスニングのコツについて簡単にお話ししました。

何度も述べたことですが、大事なのは(どんな方法であれ)頻繁に英語に触れるということです。

いつも英語に頭を慣らしておかないと、いざというときになかなか英語が頭に入ってきません。私たちは英語のネイティヴではありませんからね。

たくさん英語に触れていれば、自然と英語の処理能力が向上します。

特別な方法・教材を模索する必要はありません。とすると、今すぐ始めない理由はありませんよね。

努力あるのみです!

スポンサーリンク

シェアする

フォローお願いします!

スポンサーリンク