学校の授業をちゃんと受けるメリットって何?

シェアする

こんにちは、林です!

さて、今日は「学校の授業」の話。

みなさん、学校の授業はちゃんと受けていますか?

特に難関大学の受験生だと、「学校の授業は簡単だから聞く意味がない」と思っている人が多いのではないでしょうか。

確かに、受験勉強と比べると平易かもしれませんが、学校の授業には特有の価値がたくさんあるんです。

今回は、学校の授業を受ける意味について考えてみましょう!

学校の授業と受験勉強

どの大学であっても、入試というのはかなり難しいです。

それを突破するには結構な量の勉強が必要なのは言うまでもありません。

受験生たちも必死です。

私だってたくさん勉強しました。

高一あたりのころに、東大の入試問題を初めて眺めて、「こんなのどうやって解くんだよ…」と呆然としたのを覚えています。

それが、何か月、何年も勉強するにつれ次第に解けるようになってくるのです。

受験勉強は時間がかかるし大変です。

こと東大になると、時間がかかるのみならず内容も難しくなります。

大学入試向けの勉強をしていると、学校の授業よりも先に進んだことを勉強することになるので、次第に学校の授業の進度が遅く感じられるようになります。

もうそんなところ勉強したよ、早く先に行ってくれ、と思うわけです。

しかし、そうはいっても授業の進みの速さは、できる人よりかはできない人に合わせるのが普通ですよね。

個人指導ではなく学校の授業ですから。

すると、よほどの進学校でない限り、学校の授業の内容はみなさんにとって物足りなく感じられることでしょう。

私自身もそのように感じたことがあります。

特に、私は数学や物理が得意という典型的な理系人間でしたから、そういった科目の授業の進度を不満に思ったことが何度かありました。

私の経験:高校時代

私の高校三年生の時ののクラスでは塾に通っていないのは私含め二、三人程度でした。

塾に通っていた人たちの半分くらいは、進学校御用達の鉄緑会に通っていました(私が通っていた高校は、東大受験生が非常に多かったんです)。

鉄緑会は本当に東大受験指導に熱心で、鉄緑生が分厚いテキストを何冊もバッグに忍ばせているのを見ると「大変そうだなあ」と思います。

どの塾でも同じですが、鉄緑会では小テストというものがあって、常に授業の予習・復習をしないと痛い目にあってしまうんですね。ですから皆さん必死です。

そうした塾の勉強が大変なのでしょう。

特に高三のときは、学校の授業中に塾の宿題をやっている人のまあ多いこと。

なんか熱心に字を書いてるなあ、と思ったら宿題をやっているのです。

びっくりしました。

先生にバレないようにこっそりやっているのです。まあ隠そうという気のない人も居ましたが。

先生の話なんてそっちのけです。

受験期が近づくほどこの傾向は強まりました。学校の勉強より受験勉強のほうが大事。だって私は東大受験生だから。

彼らはそう思っているのです。

これは、塾に通っている人たちだけの問題ではありません。

独学であっても、東大受験となると皆さんもそれなりに進んだ内容を勉強するわけですから、授業が退屈に思われる瞬間はあることでしょう。

どっちが大事?

受験勉強と学校の授業、どちらが大事か。

皆さんはどう思いますか。

受験勉強のほうが大事だと思いますか。

これは非常に難しい問題です。

受験勉強ですでに学んだ内容の授業をちゃんと聞く必要は無い、という彼らの理屈は、たしかに一理あるようにも見えます。

彼らは、既知の内容の授業を聞いている暇があったら、その時間で受験勉強をしたほうがいい、という理屈のもと行動しています。

議論の焦点は、すでに知っている内容に関する学校の授業は聞く意味があるかどうか、という風に整理することができます。

これについて、腰を据えてじっくり考えてみましょう。

本当に無意味か

学校でも塾でも、授業が自分にとってどれくらい有益なのか判断するのは非常に難しいです。

授業で学んだものの量や質というのは、具体的に数値化できるものではありませんからね。

とすると、学校の授業を聞く意味がどれほどあるのかというのを、量的に説明するのはかなり難しくなってしまいます。

そうすると、一番分かりやすいものさしは「新しいことをどれ程学んだか」ということになるでしょう。

新しいことを学ぶというのは、その分自分が理解している領域が広がるということですから、学習成果の測り方として明快です。

実際、一度学んだことの復習よりも、新しいことを勉強したほうがなんとなく実りある時間を過ごした気になりますよね。

裏を返せば、復習というのは一度学んだ領域を再び学習するということです。

既に理解している領域を点検して、穴を塞いでいく作業と考えるとわかり易いのではないでしょうか。

一度理解したことでも、時間が経てば忘れてしまうものですから、定期的に復習をするのはものすごく重要なことです。

しかしながら、復習は理解の領域を拡張していくものではないため、今までよりも賢くなった気がしないというか、達成感がないというか、微妙な気持ちになるものです。

先ほど述べたような「新しいことをどれ程学んだか」というものさしで考えると、復習よりも新しことの勉強が優先されることになりますね。

学校の授業中に塾の勉強をしている人たちは、このような理屈に支配されている部分があると思います。

すでに学んだ内容を学校の授業で再び勉強するというのは、一見無意味に映ります。

しかし、たとえ一度学んだことでも、学校で再び勉強するのは復習として非常に大きな意味を持ちます。

受験勉強として、基本はさっさと勉強して難しい問題ばかり解いていると、頭でっかちになってしまって、逆に基本的なことを忘れてしまう、なんてことはよくあります。

入試問題は解けるのに基礎はわかっていないという妙な状態になってしまうのです。

しかし、そういう人は大学に入っていこう必ず痛い目に遭います。

私は、皆さんにそうなってほしくはない。

ちゃんと基礎を理解している、地盤のしっかりした学力を備えてほしいと願っているので、新しいことや難しいことの学習ばかりに集中せず、復習というのを本当に大事にしてほしいと思います。

学校の授業は、一度学んだことの復習になるという点だけをとっても決して無意味ではありません。

参考までに、「記憶」の話を少しだけ。

Ebbinghausの忘却曲線というものがあります。

これは、簡単にいうと「人間の記憶練習の効果は時間の経過とともにかなりの速さで失われる」というものです。

より具体的には、ある時点で記憶していたことは、二十四時間経過するとそのおよそ七十パーセントが忘却される、というものです。

これはEbbinghausによって一八八五年に発表された論文で示されたものでした。細かい内容はともかく、忘却曲線という単語自体は、聞いたことのある人が多いのではないでしょうか。

※それなりに有名な忘却曲線ですが、論文自体は専門家たちに受け入れられているわけではないようです。彼より後に発表された記憶に関する論文の多くが、彼の忘却曲線の理論を否定するものだということです。たとえば、みなさんはかなり昔の、自分が幼稚園生や小学生だったころのことも結構記憶しているのではないでしょうか。かなり時間が経過した出来事でも、自分にとって衝撃的だったものは、長期にわたって記憶が継続されます。こういう記憶は現在では「エピソード記憶」という風に呼ばれていますが、これは忘却曲線では説明できません。

そうはいっても、受験勉強の内容(英単語など)は、エピソード記憶などが絡みにくいので、わりと忘却曲線に沿った変動をするのではないでしょうか。

具体的に一日で何パーセント忘却するかという細かい数値はさておき、受験勉強の内容っていうのは忘却しやすいものだと思います。

忘却を防ぐためには、やはり復習が超重要です。

先へ進みたい気持ちはよくわかるのですが、その欲求にしたがってドンドン内容を進めて復習をおろそかにすると、気づかぬうちに基礎が抜け落ちて、結果として先の内容も理解できなくなってしまいます。

そのような事態を防ぐためにも復習というのはやはり必要で、そういう意味で学校の授業というのは大事なんですね。

そのほかの意義

学校の授業は復習に役立つ、という話をしましたが、授業をちゃんと聞くことのメリットはそれだけではありません。

「耳」を使って勉強できる

まず、情報伝達の手段の話をしましょう。

塾に通わない場合、基本的に学習の手段は参考書になります。

各自で参考書を購入し、それを読んで勉強することになります。

それ自体は問題ないのですが、参考書の欠点は、情報の伝達手段が文字のみであるということです。

人間の知覚手段には、視覚や聴覚、触覚など様々ですが、できる限り多くの手段を用いたほうが知識としての定着は早くなります。

たとえば英単語だったら、単語帳を黙読するだけではなくそれを音読してみたほうがずっとはやく記憶できます。

英単語に限らず、勉強というのはなんでも、いろいろな感覚を活用したほうが効率は良いのです。

受験勉強で学ばなければならないことは山ほどありますが、そのすべてを視覚、つまり目を通して頭に押し込むのは本当に大変なことです。

できるならば他の感覚も用いたほうが定着が早いですし、忘れにくくなるわけです。

勉強で用いるべき第二の感覚は、多くの場合聴覚になります。

もちろん、独学の時に音読を採用するのも重要ですが、学校の授業というものも、皆さんの聴覚をフル活用する絶好の機会です。

たとえばある公式があって、これはどうやって導かれたのかとか、この公式はどのように役に立つのかといったことは、黙読するよりも先生に言葉で説明してもらったほうがずっと頭に入りやすいです。

先の章で詳しくお話しますが、黙読で頭に入れられるのは、断片的な知識や技術だけです。

しかしそれだけだと、この公式はどう役に立っているのかとか、この事件は後の世にどのような影響を与えたのかといった文脈の把握ができません。

大きな流れ、文脈といったものは、参考書を読むよりも誰かに語ってもらったほうがずっと学びやすいのです。

学校の授業にはそのような価値もあります。

アウトプットの訓練

次に、学校の授業では、自習と異なりアウトプットの機会が多いです。

具体的に言えば、学校の授業では英語を話す機会もあるし、先生に指名されて何か答えなければならないこともあるでしょう。

一人で勉強していると、そうしたアウトプットの機会はなかなかありません。

アウトプットすることの利点は、自分が内容を理解しているか否かを知ることができることです。

日頃自習をしているときに、その分野の内容を自分が本当に理解しているか否かを知るのは案外難しいことです。

もちろん、参考書や問題集の中の問題を解けば、自分の理解度をある程度は知ることができるでしょうが、授業内でのアウトプットでもそのチェックはすることができます。

自分が内容を理解していれば、それはちゃんと先生や他の生徒に伝わるでしょうし、理解していなければ伝わらないことでしょう。

他の人に自分の考えを第三者に伝えることによって、自分の理解度をある程度正確に知ることができるのです。

他者に自分の考えを評価してもらうというのは、やっぱり重要なことです。

学校でしかできないこと:実験

そして、学校の授業では、塾ではできないことも取り組むことが可能です。

その最たるものは「実験」でしょう。

理科の学習をしていると、教科書や参考書にはたくさんの実験が載っています。

そうした実験は、塾で勉強している限りは「紙の中の出来事」でしかないわけですが、学校だと実際に実験をすることができます。

有名な実験、たとえば化学で言えば銀鏡反応やヨードホルム反応などは、きっと学校の授業で実験をやるでしょう。

そうした実験は、ちゃんとやれば(当然)教科書通りの結果を得ることができるでしょう。

しかし、じゃあ実験をする意味がないのかというとそんなことはありません。

自分の手で実験をすることで、実験の内容や結果、その原因などをより深く理解することができますし、実験器具の扱い方も身につきます。

たとえば、化学では「共液洗浄」という重要な操作がありますが、どの器具は共液洗浄の必要があってどの器具では不要なのかというのは、受験では知っていなければなりません。

そうした細かいことは、理屈を考えずに一々暗記していたらキリがないですよね。

しかし、実際に自分の手で実験をすることで、なぜこの場合は共液洗浄が必要であの場合は不要なのかというのが経験や理屈を伴って理解できるのです。

経験や理屈とともに覚えるというのは非常に重要です。

というのも、仮に細かいことを忘れても、身につけた理屈からもう一度考え直してやればいいからです。

暗記するものの量の節約になりますし、暗記の最大の弱点である「覚え間違い」も減らすことができます。

また、実験器具の扱いを知るというのも大きな意味があります。

器具の扱い方は、受験でも、大学に入ってからも非常に重要です。

よく入試問題で、「このような操作をするのはなぜか。」とか「◯◯のためには、ここでどんな操作をすれば良いか。」といったような問題がよく出ますが、各実験器具の主な用途や形状や性質を理解していれば、いちいち暗記しなくてもそうした問題に対応することができます。

大学以降でも当然実験をする機会はあり、そのときに事故を防いだり正しい結果を得たりするためには、実験器具の正しい扱いが不可欠です。

他者に伝えるということ

学校の実験ではレポートを提出することも多いでしょう。

レポートを作成する力は、一見受験に関係ないように思えますが、実はそんなことはありません。

むしろ、非常に重要だとも言えます。

レポートでは、自分がその実験で何をして、どんな結果が得られて、それをどう考察したのか、そしてどのような結論を導いたのかを明確に記す必要があります。

実験結果は、自分の予想通りかもしれませんしそうでないかもしれません。

予想通りであった場合、自分の行った操作が正しかったと確認することができます。

また、予想に反する結果であった場合、自分の操作をよく見直して原因を突き止める必要があります。

原因を考えるというこの過程は、受験に限らずいろいろな場面で大きく役に立つでしょう。

また、実験のあれこれをレポートという形にまとめること自体も、要点を捉えて簡潔に表現することのよい練習になります。

レポート以外にも、自分のアイデアをクラスメイトに発表する機会は多いに違いありません。

自分の考えを、わかりやすく伝える。

こうした能力も、受験では役立たないかもしれませんが、大学以降で絶対に重要なんです。

まとめ

学校の授業に積極的に参加する利点は、

  • 受験勉強として学んだことの良い復習になる
  • 視覚のみならず聴覚を活用することで、学習の定着が良くなる
  • アウトプットの機会が多いので、自分の理解度を正確に把握できる
  • 実験など、独学や塾ではできないことが可能である

などです。

このように、学校の授業には非常に大きな価値があります。

受験勉強のほうが学校の授業よりも大事だ、なんてことは間違っても考えないでください。

それは大きな誤りです。

学校の授業は、通常は週五日、一日六時限。

一週間の授業時間を計算すると、二十五時間にもなるのです。

週二十五時間も勉強の機会が与えられているのです。

それも、先生付きで!

これを利用しない手はありません。

どういう大学を受験するにしても、学校の授業は真剣に受けるのがイチバンです!

以上、Shunがお伝えしました〜

スポンサーリンク

シェアする

フォローお願いします!

スポンサーリンク